LDL悪玉コレステロールを下げる方法ナビ

コレステロール

 

コレステロールの働き

 

 

■コレステロールの体内での役割

 

 

細胞膜を作材料です。
筋肉を構成するホルモンの原材料。
栄養分の代謝をアップさせます
栄養を吸収する胆汁酸の材料になります。

 

 

コレステロールは身体には必要なものです。なくてはならないものになります。

 

でも、多すぎるのがよくないのですね。

 

 

 

 

動脈硬化が進んでいるかの目安

 

最近話題になっていることです。

 

悪玉コレステロールと善玉コレステロールの比率「LH比」と呼ばれる指標

 

が注目です。

 

LH比が高い --  動脈硬化がリスクが高く

 

LH比が1.5以上になると動脈硬化の可能性がますます高くなります。

 

 

 

悪玉善玉LDLコレステロールを下げる対策記事一覧

善玉コレステロールを増やす対策

善玉HDLコレステロール善玉コレステロールはHDLコレステロールこれは体内に蓄積されたコレステロールを排出させる働きがありますから動脈硬化を予防します。血管壁にたまったコレステロールを回収働きがあるHDLに含まれているコレステロールで身体に良いとされています。善玉と悪玉のバランスが大切で、バランスが...

≫続きを読む

 

悪玉コレステロールを下げる対策を考える

悪玉LDLコレステロール悪玉コレステロールコレステロールを体内に補給させる働きをしいます。悪玉コレステロールが増加しすぎると身体に悪影響がおこってしまうのです。特に血管に溜まってしまうと、動脈硬化をどんどん悪化させ、中性脂肪がさらに増えすぎるともっと悪玉コレステロール (LDLコレステロール) がど...

≫続きを読む

 

中性脂肪と悪玉コレステロールを下げる

中性脂肪中性脂肪値が高いと動脈硬化のリスクが高くなります。中性脂肪はやはりコレステロール、脂質であるため肝臓から運ばれます。このとき中性脂肪が多い状態だとLDLコレステロールが小型化してしまいます。小さくなったLDLが血管壁に取り込みやすくなって蓄積しやすい性質がありますから溜まってしまいます。さら...

≫続きを読む

 

スポンサードリンク