LDL悪玉コレステロールを下げる方法ナビ

スポンサードリンク

悪玉LDLコレステロール

 

 

悪玉コレステロール

 

 

コレステロールを体内に補給させる働きをしいます。悪玉コレステロールが

 

増加しすぎると身体に悪影響がおこってしまうのです。

 

特に血管に溜まってしまうと、動脈硬化をどんどん悪化させ、中性脂肪が

 

さらに増えすぎるともっと悪玉コレステロール (LDLコレステロール) が

 

どんどん増える原因になってしまいます。

 

この悪環境、流れが身体にコレステロールを貯めることになります。

 

 

 

 

動脈硬化が進んでいるかの目安

 

最近話題になっていることです。

 

悪玉コレステロールと善玉コレステロールの比率「LH比」と呼ばれる指標

 

が注目です。

 

LH比が高い --  動脈硬化がリスクが高く

 

LH比が1.5以上になると動脈硬化の可能性がますます高くなります。

 

 

悪玉コレステロールは毎日の弩陸がやはり一番効果があります。食事
で治療と予防、食事を楽しむこともいいけれど食べすぎは食事は毒に
あるでしょう。

 

体に良いことをどれだけするかで、悪玉コレステロール、LDLコレステロール
さらに減少します。

 

食事の内容もこれからはかんがえてみましよう。

 

 

 

  お茶でコレステロールを・・・

 

スポンサードリンク

悪玉コレステロールを下げる対策を考える関連ページ

善玉コレステロール
体内に蓄積されたコレステロールを排出させる働きがありますから 動脈硬化を予防します。 血管壁にたまったコレステロールを回収働きがあるHDLに含まれている コレステロールで身体に良いとされています。
中性脂肪
中性脂肪値が高いと動脈硬化のリスクが高くなります。 中性脂肪はやはりコレステロール、脂質であるため肝臓から運ばれます。 このとき中性脂肪が多い状態だとLDLコレステロールが小型化してしまいます。