LDL悪玉コレステロールを下げる方法ナビ

スポンサードリンク

中性脂肪

 

 

中性脂肪値が高いと動脈硬化のリスクが高くなります。

 

中性脂肪はやはりコレステロール、脂質であるため肝臓から運ばれます。

 

 

このとき中性脂肪が多い状態だとLDLコレステロールが小型化してしまいます。

 

小さくなったLDLが血管壁に取り込みやすくなって蓄積しやすい性質が

 

ありますから溜まってしまいます。

 

 

さらに、小さい事により抗酸化物質を少しだけ持っているので活性酸素に

 

より酸化される環境を作ってしまいます。

 

 

酸化したLDLは、マクロファージを泡沫細胞となって血管内にこびりついて

 

血管を細くして動脈硬化を作り上げます。

 

この用にして心筋梗塞のリスクも当然倍にしてしまいます。

 

高脂血症という環境はLDLコレステロール値が高いだけが原因でなく、

 

中性脂肪値と関係があり高い検査値であれば、動脈硬化のリスクどんどん進んで

 

しまうことになります。

 

 

 

中性脂肪を増やす食品として

 

飽和脂肪酸を多く含む食品  乳製品 肉
糖分の多い食品       お菓子 果物
アルコール飲料       ビールなど

 

 

よく口にする食品が多いです。コレステロールを減らすには中性脂肪を

 

減らすことも必要です。

 

悪玉コレステロールだけが原因でなく、中性脂肪も考えてください。

スポンサードリンク

中性脂肪と悪玉コレステロールを下げる関連ページ

善玉コレステロール
体内に蓄積されたコレステロールを排出させる働きがありますから 動脈硬化を予防します。 血管壁にたまったコレステロールを回収働きがあるHDLに含まれている コレステロールで身体に良いとされています。
悪玉コレステロール
コレステロールを体内に補給させる働きをしいます。悪玉コレステロールが 増加しすぎると身体に悪影響がおこってしまうのです。 特に血管に溜まってしまうと、動脈硬化をどんどん悪化させ、中性脂肪が さらに増えすぎるともっと悪玉コレステロール (LDLコレステロール) が どんどん増える原因になってしまいます。