LDL悪玉コレステロールを下げる方法ナビ

スポンサードリンク

■肝臓機能と悪玉コレステロール

 

 

悪玉コレステロールを改善するためには肝臓の働きをよくしなければなりません。
肝臓が弱いとどうしても、悪玉コレステロールを処理しきれないのです。

 

 

悪玉は、酸化したLDLコレステロールですから肝臓には負担が多くかかり。
血液中にたくさん溜まってしまうことで検査値が増加してしまいます。
これによって動脈硬化や高コレステロール血症ということになって診断わされます。

 

 

とくに普段の食べ物で飽和脂肪酸をたくさん取ることは、悪玉コレステロール
を増やすことになり、どんどん血液に溜まってしまいます。
不飽和脂肪酸を食べることが当然逆に減らす事ができますから、普段から食べる
姿勢夕刊を身につけなければなりません。

 

肝臓機能をよくする食べ物をまずたべてみましょう。

 

とくにオススメがタウリン

 

 

カキ・イカ・ホタテなどに多く含まれていますから、肝機能をアップにはとくにいいでし
いょう。悪玉コレステロールを減らすためには薬だけに頼る生活は
控えて自分で食べ物を改善して対策をすることから初めてみましょう。

 

オメガ3脂肪酸(DHA・EPA)もとくに食べることで悪玉コレステロール改善が
できますから、毎日少しずつ食べることを始めてください。

 

ダイエットも当然することがいいですね。どうしても肥満ということになりますから
毎日少しずつ運動もするようにしてください。

 

ただ、コレステロールは肥満人だけではなく細くてもコレステロールが多くなっている
人もいますから、注意をしなければなりません。

 

食べ物は薬を飲んでいるから検査がすぐによくなりますが、薬をやめるとまた戻つ
つてしまうことになりますから、検査が良くなったら、食べ物を改善して続けて食生
活を改善してみましょう。

 

食べ物は特に青さかながコレステロールには良い結果が出ています。食事に
取りいれてみましょう。魚を焼くなどが面倒なら、缶詰が特に食べやすくすべてを
食べることが出来ます。

スポンサードリンク